2021年冬のボーナスみんなは何を購入する?

お金日本生活

会社員だとこの時期になるとボーナスが貰えますね。

個人的にはまだボーナスをもらっていませんが一応出る予定なので一安心です。

ベトナムで海外駐在している私ですが日本の会社からボーナスが出ます。

現地会社からはボーナスはでないです。

会社にもよると思いますがダブルでボーナスもらえるところもあるのでしょうか?

ちなみに個人的な使い道としては株の追加購入をする予定をしています。

ということで今年の冬のボーナスについてまとめてみました。

【冬ボーナス】平均いくら?

コロナが引き続き影響している昨今では今まで以上にボーナスをもらえるのが厳しくなって

きているかもしれません。

もらえるだけでラッキーなのしれませんが2021年の冬ボーナスは平均どのくらいもらえるの

でしょうか?

今冬は平均75万昨冬は平均72万で昨年に比べたら3万程度増えているようです。

コロナが長引いているとはいえ去年に比べワクチン接種も終えてある程度規制も緩和させて

経済を回そうとしている結果でしょうか。

ベトナムハノイでも去年に比べコロナ感染者が急速に増えていますが以前とは違い規制を

緩めており、飲食店や理髪店、服屋など営業を認めています。

12月になってから急速にコロナ感染者が増えているため規制を強める話もあるようですが

まだわかりません。

正直個人的に冬のボーナスみんなそんなにもらってんの?と思っています。

ボーナスが増えた企業は?

去年と比べ製造系や運輸、サービスを扱う企業のボーナスが増えているようです。

製造に関しては工場の一時停止など混乱があり去年に比べたら大分良くなっているので

その分利益も出ているのでしょう。

東南アジアの工場も以前までちょこちょこ止まっていましたができるだけ止めさせないよう

しているようです。

(私のつめる工場もライン止めないよう工夫してます)

【冬ボーナス】何に使うの?

ボーナスの時期になると各企業がセールスをしますね。

みんながみんなボーナスを使ってくれれば経済は回るかもしれませんがそうは行きませんね。

ボーナスをもらっても貯金に回すことが多いです。

貯金以外の使用目的としては

  • 資産運用
  • 旅行
  • 借金返済
  • 外食
  • 物の購入

という感じになりますね。

借金返済の場合は学生時代の借り入れ金の返済が多いのでしょうか。

社会人になった瞬間から返済に追われるのは厳しいですね。

資産運用の場合は、ネット証券が広く認知されるようになり資産運用をするようになった

結果でしょうか。以前楽天証券の口座契約数が700万件突破とニュースをみました。

【ボーナスの使い道】具体的な商品

ボーナスの使い道としてどういった購入品があるのか具体的な品をランキングで各項目

にまとめてみました。

家電製品

生活には欠かせない家電製品はその人のライフスタイルも左右する商品です。

今までには必要ないと思っていた家電製品でも購入してみたら気に入ってしまったなんて

こともあるので気になったチェックしてみてください。

【家電】コーヒーメーカー

コーヒーをよく飲まれる方におすすめの家電、コーヒーメーカーは自宅で豆から挽きたての

コーヒーが飲めます。

また、長期的に見れば毎日喫茶店やコンビニでコーヒーを飲むよりもお得に飲めます。

コーヒーメーカーだと一杯30円くらいです。コンビニの缶コーヒーを120円だとすると

半分以下の価格で飲めますね。


【家電】ハンドケア

女性のプレゼントにはぴったりのハンドケア家電は、今の乾燥する季節にも丁度いい家電

です。

手のケアはもちろん指のマッサージもできるので手の疲れのある男性にもしっかり使える

そんな便利な家電製品です。


【家電】掃除ロボット

掃除が面倒だから誰かやってくれないかなと思っている方におすすめの掃除ロボットは

昔に比べ性能が向上しているため掃除もラクラクです。

狭いところ、低いところ、部屋の隅もしっかりやってくれてシンプルで使いやすくお手入れも

簡単になってきています。


【資産運用】貴金属系

貯金といっても他の資産に変えておきたいなぁと思っている方にはおすすめの実物資産。

その中の貴金属系(金・銀・プラチナ)は昔からもよくある資産です。

ネット証券でも少額から積み立て購入もできるので興味ある方はやってみてはどうで

しょうか?

【実物資産】金

実物資産として有名な金は年々価値が上昇しています。

2021年ではグラムあたり7000円台を推移していましたが、12月現在は6000円台と少し

下落気味です。2010年3000円台でした。

今後も安全資産として持たれていくことでしょう。


【実物資産】銀

銀は金と同じように通貨としても使われてきた歴史があります。そのため金と同様に世界的

にも共通の資産と言えます。

そんな銀は金の60分の1程度の価格で購入ができるため手頃な実物資産とも言えます。

金よりも値動きがあるので金よりもリスクが少し高い一面もありますが、工業用として

多くを使用するので資産として持っておいても損はないでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

井嶋金銀工業 純銀 インゴット ingot 500g(55522)
価格:78400円(税込、送料無料) (2021/12/12時点)


【実物資産】プラチナ

金よりも希少であるプラチナは金よりも価格が高い時もありました。

現在は金よりも安くなっていますが今後の需要もあるので金よりも価値が上がる可能性を

秘めています。

リターンを求めたい方はプラチナ購入もいいかもしれません。


【金・銀・プラチナ】少しでも投資しておきたい方

実物資産として購入といっても、購入後の保管や忘れてしまうという方にはネット証券でも

資産投資として購入ができます。実物ではきませんがその時の価値を購入することができます。

積み立ても1000円程度からできるので簡単です。

楽天証券かSBI証券がおすすめです。

投資信託

株といえば一昔前までは損をする、リスクがある、素人がでは難しいという認識でした。

しかし、ネット証券が一般的に普及してきたことやIdeco、NISAといったサービスに

よって広く認知されてきました。

そこで貯金の代わりに投資信託もおすすめです。

とはいえ投資信託といってもいろんな種類があるので人気のある投資信託を紹介していきます。

【投資信託】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

S&P500とはアメリカの代表的企業の500銘柄を取り入れた株価指数に連動する名称です。

特にGAFAを中心としている構成になっているため基本的には右肩上がりを推移しています。

そういった経緯もあり人気の投資信託としてよく名前をあげれられます。

【投資信託】eMAXIS Slim 全世界(除く日本)

こちらの投資信託は「日本を除く先進国と新興国の株式に投資をする」ことを目的として

いる投資信託になります。

日本の株式は成長率が全くないしアメリカだけに投資するのもなぁと考えている人にとって

おすすめの投資信託になります。

【投資信託】iFreeレバレッジ NASDAQ100

個人的にはiFreeレバレッジ NASDAQ100に興味を持っています。

こちらの投資信託はリスクが高めなので余裕があればやってみるのは楽しいかもしれません。

銘柄としてはNASDAQに上々している代表企業100社で構成されており、GAFAも構成

銘柄になっています。

iFreeレバレッジNASDAQ100に関しての過去記事もみてくださいね。

まとめ

冬のボーナスは去年に比べ少し増加傾向でした。

また、ボーナスの使い道も貯金の割合が多くお金の使い方が保守的なイメージがあります。

将来的に心配な一面もあるのでしょうか。

物欲がなく貯金ばかりする人もただ貯金をするのではなく将来のことを考えて資産運用を

していくことで将来の心配も減りますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました