【アメリカ株】DirexionブルベアETF3倍狙い

パソコンを見る男達海外生活

以前アメリカ株2倍のレバナスの話を少ししました。

他に何かハイリスクハイリターンのものはないかと思っていたら、アメリカ株3倍のETFが

あることに気がつきました。

今回レバナスの内容と踏まえアメリカ株3倍の話もしていきたいと思います。

だんだんハイリスクハイリターンの株の割合が高くなってきているので調子に乗らないよう

気をつけつつ運用していきたいと思います。

【米国株2倍】iFreeレバレッジシリーズ

iFreeレバレッジは米国株連動型で株式指数の2倍になる値動きをします。

そんなiFreeレバレッジはNASDAQ100、S&P500、FANG+、NASDAQ次世代50という

のがあります。

この中で人気なのはやはりNASDAQ100、S&P500ですね。

本格的にアメリカ株初めて1年程度の初心者の私はFANG+ってなんだよと思いました。

FANG+はファングプラスと呼び、米国IT大手4社のフェイスブック、アマゾンドットコム、

ネットフリックス、グーグルとその他市場をリードしている会社で構成している銘柄の

ようです。

人気のハイテク、ネット関連をまとめた銘柄ですね。

ツミレバ

最近ではiFreeレバレッジの長期積み立てのことを「ツミレバ」(長期積立投資)という

ようで定期的に積み立てする内容がよくみられます。

やはり値動きが大きいものは長期で積み立てて時間分散することでリスクも軽減しリターンも

しっかりもらえるといった投資方法が人気のようです。

ちなみに私も1年前くらいにiFree NASDAQ100に積み立てて+45%くらいです。

【米国株3倍】DirexionブルベアETF

米国株3倍を狙えるDirexionブルベアETFでは「値上がり益」を狙う「ブル」と「下落局面」で

リターンを狙う「ベア」の2種類があります。

下落局面でハイリターンを求めるのは初心者としてはよくわからないところなので初心者は

ベアは手を出さないようがいいですね。

そんなDirexionブルベアETFではS&P500、金融株、リート、半導体、ヘルスケア、米国債、

などがあり、その他では新興国のETFがあります。

取り扱う証券会社でも種類が異なっています。

iFreeレバレッジシリーズよりもリスクが高いので運用には注意ですね。

まとめ

普通のETFや投資信託では物足りないという紹介したiFreeレバレッジやDirexionブルベア

ETFを運用してみてはどうでしょうか?

リスクが高いのであまりおすすめができませんが毎月少額の積み立てをしてみたら面白い

かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました